使い方

(未完成版)

Amazonアカウントでログイン

Login with Amazonを使ってAmazonアカウントでログインしてユーザー登録できます。よくあるTwitterでログインと同じです。ユーザー登録に使うだけなのでAmazon側になにか影響することはありません。

ウォッチリスト

ASINやカテゴリーを指定してウォッチリストに追加できます。

ウォッチリストに追加したアイテムは1日1回は商品情報が更新されます。

カテゴリーをウォッチリストに追加

ブラウズリストにあるカテゴリーはそのまま表示して追加できますがリストにないカテゴリーも追加できます。

例:Amazonで本カテゴリーのURL https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E9%80%9A%E8%B2%A9/b/?ie=UTF8&node=465392 これのnode=の後ろがIDになるので https://abs.kawax.biz/browse/ にIDを付けて https://abs.kawax.biz/browse/465392 で表示するとウォッチリストに追加できます。

ID指定しても表示できないカテゴリーもあります。

価格変動チェック

条件は仮。

ホームに表示版

最近更新されたアイテムから一定数の範囲を調査。ランキング1000位以内。履歴の価格が前回と比べて20%以上増減してる場合に通知。

ウォッチリスト版

条件は同じでウォッチリストのアイテム全部を調査。通知先は各ユーザーの通知ページ。

ウェブプッシュ通知を有効にするとブラウザを起動していればいつでも通知されます。対応しているのは一部ブラウザのみ。

Web Push

メールでの通知は有料プランのみ対応。

CSVファイルでダウンロード

ウォッチリストに追加したアイテムの商品情報をCSVでダウンロードできます。

現在は100件〜プラン次第で無制限まで。CSVに含める項目や件数はいくらでも変更できるので需要次第。

グラフ

価格・ランキング・出品数のグラフ。ログイン中のユーザーにしか表示されません。スマホサイズでは綺麗に表示できないので非表示。

禁止行為

当サイトに対するスクレイピングは禁止します。AmazonのAPI使えばいいだけのこと。

無料で使えますか?

現時点では無料で使えます。 ただし莫大な量のデータを保存するサービスに変わったので一部機能をオプションとして有料化の可能性はあります。 データ量がどうしようもならないサイズになってきたので有料プラン始めました。

洋書カテゴリーは日本向けとしてはそんなに需要ない割に異常に数が多すぎて圧迫してるので定期的に削除。洋書だけで半分以上。

機能スイッチ

CSVダウンロード ON
価格変動チェック ON
価格変動チェックをメールで通知 ON
高速版価格変動チェック OFF
ランダムブラウズ ON
最近のアイテム ON
ウォッチリストのアイテムを1日1回更新 ON
更新日の古いアイテムを更新 ON
一定期間更新のないアイテムを削除 OFF
除外カテゴリーのアイテムを削除 ON
ASIN/JAN(EAN)リストのCSVファイルをウォッチリストへインポート ON
ワールド OFF
プラン ON
非公開モード OFF
シングルユーザーモード OFF
ゲストログイン OFF
CSVにImageSetsを含める OFF
API ON